アバンギャルド茶会 菱田賢治 菱田賢治 【アバ茶好みプロジェクト Vol.4】 菱田賢治「敷板」~漆はオーダーメイドに限る!これでぐい吞点前はさらに進化する!

【アバ茶好みプロジェクト Vol.4】 菱田賢治「敷板」~漆はオーダーメイドに限る!これでぐい吞点前はさらに進化する!

2013.07.31

菱田賢治


漆芸家 菱田賢治さんの個展でみた「敷板」に一目惚れ。
しかし。。。すでに売約済でした。。。涙

でも、菱田さんの言葉を思い出して

 『漆作品はすごく時間がかかる。だから、自分が欲しいと思うものを
  頼んで一緒に作るのが一番だよ!』

その言葉を信じて、またまたオーダーメイドしちゃいました!笑
今回は「敷板」です。それもかなり巨大な一品。

 横 110センチ × 縦 40センチ × 厚み 3センチ

と重量感のある敷板!なぜ、そんな板が必要か?以前からやっている
『ぐい吞点前』という「片口」と「ぐい吞」を使ったカジュアルな茶会を
さらに進化させるべく!名付けて

 『茶バー』(笑)

バーのカウンターの如く。さて使い方については改めて!
ということで、こちらも「アバ茶好み 認定」!ということで制作風景を
随時お伝えしていきます。

漆は本当に手間暇がかかる作業。最低でも「3か月」はかかる代物!
そんな工程を少しでも垣間見れればと!

材料選び 「最高の木材見つかりました!」

お願いした翌日、早速菱田さんが材木屋さんへ。

菱田賢治

材木、萌ェ!笑
さて、事前にお伝えしておいた「大きさ」や「雰囲気」にあう
材木を物色!

菱田賢治

そして、この木材を選んでくれました!
「楠」だそうで、菱田さんが大好きな樹とのこと!

菱田賢治

耳を残して、必要な寸法にカット!
これで木材の準備完了!ここから漆作業に突入。

材木屋さんで木を選んでいるときのメール。
菱田さんのテンションがどんどん上がっていく感じが
ひしひしと伝わってきました。笑

作り手は「最高の材料」に出会うと興奮状態になります!
さあ、ここからどんなふうになるか?楽しみです。

PAGE TOPヘ