アバンギャルド茶会 【茶道をはじめよう Vol.4】茶道のお稽古、どんな感じ? ~「茶の湯都市伝説」に騙されるな!

【茶道をはじめよう Vol.4】茶道のお稽古、どんな感じ? ~「茶の湯都市伝説」に騙されるな!


先生も見つかり、お稽古に必要な道具も揃ったところで!
さあ、いよいよお稽古に行くぞ!と思ったところで、

「そもそも、お茶の稽古って、どんなことするの?」

眉間にシワを寄せた、怖い先生が座っている。
少しでも間違えたときには扇子でぴしゃり。

なんて古風な稽古場は、もうそうは多くない気がします。

稽古

「ゆとり世代」なんて言葉があるように、あまりにも厳しくすると
すぐに辞めてしまいますからね。先生も大変です。

という冗談(半分、本当?笑)は、これくらいにして、
実際に「茶道の稽古」がどんなものなのかみていきましょう。

お稽古は「お茶を点てる」と「お客さん」がセット

お茶の稽古では、覚えるべき「役目」が二つあります。

ひとつは「お茶を点てる=点前(亭主)」です。
お茶を一服点てるためには、「準備運動」が必要です。
その手順をひとつずつ覚えていきます。まずは、おいしいお茶が
点てられるようになるのが、はじめの一歩です。

二つ目は「お客さん」です。
お稽古を始めるとすぐにわかりますが、お茶を一服頂くだけでも、
それはそれは、面倒くさい手順がたくさんあります。

日本人であれば、

茶碗を回すらしい
・お茶は何口か飲むらしい
・飲み終わったら何か言うらしい

ということをなんとなむ知っています。

これが一番のクセモノ。
中途半端な情報から「茶の湯都市伝説」が生まれています。

例えば、飲み終わったら「結構なお点前で」という。
正直、茶席で聞いたことは、ほとんどありません。

昔、テレビ番組「料理の鉄人」の審査員だった岸朝子さんが

「おいしゅうございます」

と言っていましたが、まさにそんなイメージでしょうか?
普段の生活でも、こんな言葉はほとんど使いませんよね?

お茶の世界でも、実はそんな小難しいことはないのですが。。。

ということで、まずは

「お茶を点てる(亭主)」
「お茶を頂く(客)」

としての振る舞いを反復練習を通じて習得するのが
お稽古の入口です。(と~ってもシンプルに書きました。)

この先には、さらに奥深いことが待ち構えています!
それは、実際にお稽古をはじめてからのお楽しみに!

お稽古には「時間割」のない、フリータイム制?

さらに、特徴的なのが「稽古時間」ではないでしょうか?

学校であれば「9時に始まって、10時に終わる」、「授業は50分」
と時間を区切って授業をします。

でも、茶道のお稽古には原則、「時間割」はありません。
先生ごとに設けている開催時間(例えば、10時~17時など)の間に
伺う、「フリータイム制」です。

誰もいなければ、すぐにお稽古できますが、先客がいれば
その方が終わるまで待ちます。時間が許せば、ずっと居てもいい
ですよ。予定がある方は自分の都合に合わせて!という感じです。

アバンギャルド茶会は「事前予約制」にしています。
最近は、そういう稽古場も増えていますので、事前にご確認を!

と、ざっとお稽古のイメージはつきましたでしょうか?
最終回は、お稽古や茶会で気を付けることについて、まとめてみようと思います。

連載:茶道を始めたい人が知っておくと良いこと5か条

【Vol.1】茶道教室を探す ~稽古事では「先生探し」に妥協なし!
【Vol.2】お稽古代の相場は? ~ぶっちゃけ、茶道ってどのくらいお金がかかる?
【Vol.3】茶道をはじめるときに必要なもの ~必要最低限とは?
【Vol.4】茶道のお稽古、どんな感じ? ~「茶の湯都市伝説」に騙されるな!
【Vol.5】茶席で失敗しないために気を付けること5選

茶道を始めたい人が知っておくと良いこと5か条

PAGE TOPヘ