アバンギャルド茶会 イベントレポート 【レポート】アート茶会「MELTING POINT -茶の湯とアート、即興舞」 ~変化を楽しむ!

【レポート】アート茶会「MELTING POINT -茶の湯とアート、即興舞」 ~変化を楽しむ!

Pocket

【アート茶会】 MELTING POINT -茶の湯とアート、即興舞

現代アートとコラボして、毎席嗜好を変える。
チャレンジしすぎじゃないか!?と始まる前は久々に
緊張でドキドキでした。

普段は自分ひとりなのでどうにでもコントロールできますが
今回はアーティストの皆さんと一緒になって席を作る、かつぶっつけ本番
ということもあり。。。

でも、個人的には概ね想定に近い仕上がり?で皆さまにお届けできたかなと
思っています。

■平面「木版」 湯浅克俊さん

刷りの実演!
なんと「水」を使って刷ってくださいました。
つまり、時間がたてば自然と消えていきます。まさに一期一会な席でした!

■立体「骨花」 徳重秀樹さん
骨花 徳重秀樹

ねずみの骨を使ってつくられた骨花「あさがお」。
もちろん、有名な利休と秀吉の朝顔の逸話からのインスピレーションです。
 ※なんと最後には参加者で作品を弔う=壊す。ここまでの流れが徳重さんの
  アートコンセプト!ということを参加した方が体験できるという何とも贅沢
  なひとときでした!

骨花 徳重秀樹

今回は、ギャラリー内の2スペースを交互に使って作品を一番
表現できる空間作りを考えました!「即興舞」「映像」と続くのですが
後半戦は写真を撮る余裕すらなく。。。お点前して、おもてなしするのに
精一杯でした。笑

続きはまた写真を入手次第!

関連記事

PAGE TOPヘ