アバンギャルド茶会 茶の湯コラム 【茶の湯コラム Vol.4】「茶道」の読み方は「さどう」?「ちゃどう」?

【茶の湯コラム Vol.4】「茶道」の読み方は「さどう」?「ちゃどう」?

2016.09.20

茶の湯コラム


NHKで茶の湯 裏千家 茶の湯を楽しむという番組が放送されていました。(番組は最終回でしたが、テキストを眺めるだけでも面白いと思います。)流派持ち回りで季節ごとの放送ですが、「茶道」に興味を持っていただくきっかけになるといいのですが。(おそらく、既に茶道をしている方々が視聴者の大半のような気もしますが。。。笑)

近藤俊太郎

最近、「茶道の読み方は”さどう”ですか?”ちゃどう”ですか?」という質問を何度か受けました。お膝元の京都や裏千家の会合に行くと「ちゃどう」と発音しますが、一般的には「さどう」と呼ぶことが多いような気がします。発音やイントネーションにシビアなNHKのアナウンサー曰く、「どちらでもいい」のだそうです。(どうやら流派によってもポリシーが違い模様です。「参考記事:明治 悪妻伝説 初代“ハンサムウーマン”新島八重の生涯」)

でも、「さどう」と「ちゃどう」と区別されるには何か理由があるのでは?と想い、調べてみました。「茶頭」という茶道用語があり、「さどう」と発音します。この言葉と混同しないように茶道を「ちゃどう」と発音するという由来がありました。ちなみに「茶頭」とは、織田信長や豊臣秀吉など諸大名の筆頭茶人のことです。「千利休」がこの二人についていた茶頭として有名です。

と、一般論はこんなところ。

でも、「さどう」と「ちゃどう」と読み方が二つあるには何か由来があるはず。もしかしたら、「言い間違い、聞き間違えで生まれた」「ある種の方言(関西/関東)」「理由はないけど、こだわり」とか。大したことではないけど、「なんでだろう?」と考えるのは、これはこれで面白い。笑

追記:
「茶道」を使い始めたのは江戸時代後半から。それまでは「茶の湯」という言葉を使うのが一般的でした。

参考情報

NHK 「茶の湯 裏千家 茶の湯を楽しむ」
Eテレ 趣味どきっ! 月曜 21:30~21:55(放送終了)

「音訳の部屋」リビングルーム:「茶道」の読み方 「さどう」「ちゃどう」

NHK放送文化研究所:「茶道」の読み

明治 悪妻伝説 初代“ハンサムウーマン”新島八重の生涯

PAGE TOPヘ