アバンギャルド茶会 【茶道をはじめよう Vol.2】お稽古代の相場は? ~ぶっちゃけ「茶道」ってどのくらいお金がかかる?

【茶道をはじめよう Vol.2】お稽古代の相場は? ~ぶっちゃけ「茶道」ってどのくらいお金がかかる?


稽古事では稽古代を「月謝」と呼びます。用事があってお稽古に参加できないこともあると思いますが、参加の有無に関わらず毎月お支払いするのが「月謝」です。

「休んでも払うの?」

衝撃を受ける方も、多いと思いますが入門するということは師弟関係を結ぶということ。一回限りではなく、長い付き合いに対する感謝を毎月分割払いしているという考えからこのようになっています。子供の頃の習い事や塾もそうでしたよね?

茶道教室の月謝、相場はいくら?

通常「茶道教室」は「月3回」のところが多いです。
複数の曜日開催していたり、振替可能なところもあります。

お稽古ってどんなもの?は【茶道をはじめよう Vol.4】茶道のお稽古、どんな感じ? ~「茶の湯都市伝説」に騙されるな!に書きましたが、一回あたり2時間程度が一般的です。

そして、肝心の月謝ですが初心者の方であれば「6,000~10,000円」が相場です。
ちなみにレベルが上がると月謝も上がるところが多いですね。(8,000~15,000円あたり)

つまり、1回あたり「2,3千円」になります。

月謝以外にも、かかる費用が!?

しかし!「月謝」以外にもいろいろとかかる費用がありますので、代表的なものをまとめておきます。こちらは、稽古場によって考え方や有無もありますので、事前にしっかりと確認してください。

■水屋代(毎月)
月謝とは別に「和菓子」「抹茶」「炭」など消耗品を購入するための費用です。飲食店でいうところの「サービス料」といったところでしょうか?そうなるとおおよそ毎月の出費は「1万円」前後になります。

■盆歳暮(中元、歳暮など)
稽古場によっては「お中元」「お歳暮」をするところも少なくありません。納める金額は「月謝 1か月分」が相場です。さらに、年始のご挨拶やその他行事もあったりします。

このあたりは、直接先生に伺うのは気後れすると思います。体験で、それとなく生徒さんに聞いてみると良いと思います。

■許状申請料(入門時から適宜)
流派でお稽古をすると「免状」や「許状」と呼ばれる、「これこれをやっていいですよ!」という許可書が必要になります。簡単に言うと学校に納める「入学金」みたいなものでしょうか?
レベルが上がるごとに納めます。流派によってルールが違いますので心配な方は各流派に確認してみてください。

※ここが一番複雑なシステムです。。。
許状申請料は「流派に納める分」と「先生へのお礼分」というものが合体しているので、先生ごとに違います。

【参考】裏千家 許状申請料 一覧
最近は、インターネットで検索すると、こんな情報まで見つかってしまうのですね。。。こちらは「先生が裏千家に納める金額」です。(この金額の倍を先生に納めるのが相場でしょうか)

長く続けていると、それなりの出費になります。ここは価値観によってですね。私自身は専門学校やMBAに行くのと同じ「自己投資」だと思っています。

ここをオブラートに包んでしまうと、茶道に興味を持った方が不信感を抱いたり、後出しジャンケンのようになってしまうのでしっかりと書いておきました。

つまり、「何を大事にして茶道を習うのか?」をしっかりと考えて教室選びをしましょう!最近は、10回程度の「入門編」だけで一度完結するコースを設けている流派も増えています。

【参考】裏千家 初心者のための茶道教室

最後に「お札は新札&封筒に」!

結婚式で、ご祝儀を包むとき、新札を熨斗(のし)に包んでお出ししますよね?それと同じように「月謝」や「お礼」は日本人のたしなみとして同じルールで!

最近は「熨斗」を簡易な封筒。場合によっては、新札でなくてもいいですよ!とおっしゃる先生もいらっしゃいますので、こちらもしっかりと確認を!(免除されても礼儀作法として知っておくといざというときに役に立ちますので!)

連載:茶道を始めたい人が知っておくと良いこと5か条

【Vol.1】茶道教室を探す ~稽古事では「先生探し」に妥協なし!
【Vol.2】お稽古代の相場は? ~ぶっちゃけ、茶道ってどのくらいお金がかかる?
【Vol.3】茶道をはじめるときに必要なもの ~必要最低限とは?
【Vol.4】茶道のお稽古、どんな感じ? ~「茶の湯都市伝説」に騙されるな!
【Vol.5】茶席で失敗しないために気を付けること5選

茶道を始めたい人が知っておくと良いこと5か条

PAGE TOPヘ