アバンギャルド茶会 【茶道をはじめよう Vol.3】茶道をはじめるときに必要なもの ~必要最低限とは?

【茶道をはじめよう Vol.3】茶道をはじめるときに必要なもの ~必要最低限とは?


前回はぶっちゃけ、どのくらいお金がかかるの?という
お話しでした。こちらは、日々お茶の稽古をする上でかかってくる
「ランニングコスト(月額費用)」でした。

そもそもお茶を稽古をはじめるにあたり、準備するものもたくさんあるのでは?
というあたりのお話しを書いてみようと思います。

つまり、「イニシャルコスト(初期費用)」と言ったところでしょうか?
お茶の稽古をはじめるにあたり「必要最低限」揃えたほうが良いものをご紹介。

お茶の稽古で使う必需品「7点」セット

書道を習うなら「筆」、華道を習うなら「ハサミ」イメージがわきますね。
でも、「茶道の必需品は?」と聞かれると「???」となるはずです。

もしかしたら、「茶筅」(ちゃせん:お茶を点てるシャカシャカする道具)?
と思うかもしれませんが、ちょっと違います。

入門にあたり、お稽古で使う「必需品」をご紹介。

■袱紗挟み(ふくさばさみ)
・袱紗(ふくさ:絹の布 男性は紫/女性は赤・朱)
・懐紙(かいし:お菓子などを乗せるための紙の束)
・菓子楊枝
・扇子(せんす)
・古帛紗(ごぶくさ)
・茶巾入れ

袱紗挟み 一式

袱紗挟み 一式

全く持って馴染みのない道具たち。。。
お茶の稽古とは?は、次回詳細を書きますが、
「お茶を点てる人(=亭主)」と「お茶を頂く人(=客)」として必要な道具たちです。

こちらを揃えて「1万円」程度です。5千円前後でも、揃えられます。

私もお稽古を始めて10年以上になりますが、ずっと同じものを使用しています。
長く使うことを考えると、ある程度のものを揃えるのがオススメです。

茶道具って、どこで買うの?

さて、一番の悩みは「どこで、どうやって買うの?」

という問題ですね。。。

ネットで検索すれば、たくさん出てきますが、やはり実物を
見ながらがよいのではないでしょうか?おそらく、「茶道具屋」
に入るのが怖い。。。

というイメージが強いと思いますので、比較的入りやすい
茶道具屋さんをご紹介です。

 ※どうしても決まった茶道具屋さんを使ってしまうので、ほかにオススメ
  がございましたら、ぜひ教えてください!

【オススメの茶道具屋】
青松園(新宿)
益田屋(大久保)

とはいえ、不安も多いことでしょう。

まずは、臆せず店員さんに声をかけて一緒に揃えて
もらいましょう。

「裏千家で入門に必要なものを揃えたいです」

と伝えたら、一緒になって探してくださいます!(流派をお忘れなく)

茶碗とか、着物は買う必要ありませんか?

茶碗などの茶道具は、はじめは「不要」です。

ご自宅で、抹茶をいただきたいな!と思う方は「茶筅」だけ、
お求めください。私も茶筅の代用を何度も探したのですが、
こればかりは。。。それだけ「茶筅」というプロダクトは
よくできています!(先人の知恵)

■茶碗
無理せず、普段ごはんを食べている「飯茶碗」や「カフェオレボール」
などを代用(お茶では「見立て」と言います)してみるのは如何でしょうか?

お稽古を始めて、興味が出てくると自然と茶道具にも目が行くように
なるはずです。そのときに、自分の感性や価値観にあう道具を探し始めて
も決して遅くありません!

■抹茶
最近は、酸化を防ぐために密閉した袋に入っています。
そうなると静電気で使う前は「ダマダマ」になっていることが。

百均などで売っている「茶こし」でふるってから飲むと、ダマも
なくなり、さらっと頂けます。
 ※毎回やるのが面倒な方は、すべてふるってから光を通さない
  缶などにいれて、涼しいところにおいておくと便利です。

■着物
こちら、お稽古場によってだと思いますが、
最近は無理して着物でお稽古をされなくても良いと
言ってくださるところが増えているようです。

是非、こちらも事前にご確認ください!

連載:茶道を始めたい人が知っておくと良いこと5か条

【Vol.1】茶道教室を探す ~稽古事では「先生探し」に妥協なし!
【Vol.2】お稽古代の相場は? ~ぶっちゃけ、茶道ってどのくらいお金がかかる?
【Vol.3】茶道をはじめるときに必要なもの ~必要最低限とは?
【Vol.4】茶道のお稽古、どんな感じ? ~「茶の湯都市伝説」に騙されるな!
【Vol.5】茶席で失敗しないために気を付けること5選

茶道を始めたい人が知っておくと良いこと5か条

PAGE TOPヘ